Sileno Cheloni(シレーノ・ケローニ)

作曲家、クリエイター、アーティスト、セントカンパニー・マスター調香師 

 

何百もの香りの素材が毎日、彼の元に新たな香りを作り出すために届けられます。

それはまるで、作曲家が今までにイメージしたメロディーを楽譜に落とし込んでいくためにメロディーを選んでいく最初の工程のようです。


サイエンス?それだけではない、芸術のすべて。


良い調香師とは、科学的知識なもちろんのこと、それだけでなく“明確なヴィジョンを持ったアーティスト”でなくては勤まりません。“香り”だけでない、そのプロセスも組み立てることができるようなアーティストである必要があるのです。

 

シレーノ・ケローニの作品を表現すると“アート、情熱、ミステリー、職人、イマジネーション” といったキーワードにつながるでしょうか。

 

シレーノは芸術的調香師として世に知られています。そして現在彼は、セントカンパニー社とパートナーシップを結んだことで、彼の活動の域を、オルファクトリーブランディング、つまり企業のオリジナルの香り制作や企業の香りイベントの仕事へと広げています。

 

調香師の仕事は「芸術的」また「ニッチ」といった表現をされることがあります。それはつまり大量生産する商業主義的なやり方とは違い、まるでテイラーメイドのスーツを一着一着作るような、真心をこめた世界に一つだけしかない物を作るといった職人技の仕事と言えるでしょう。

 

イタリアにおける香りのエキスパートは国内におけるその存在をますます広げつつあり、たくさんの関連ショップや香水店が増えています。それらはまるで、香りのデパートのようです。さまざまな香りのストーリーをたくさんの方に知っていただこうと、香りのプロたちは一丸となって情報伝達に情熱を注いでいます。そして、それらは決して一時的な活動ではありません。なぜなら、“香りの経験”はその香りに接するかたの人生の一部となっていくわけですから、重要度はかなり高いと皆、感じております。

 

シレーノ・ケローニとセントカンパニーの香りのストーリー作りが始まろうとしています。


パフューム・ワークショップ


「パフュームとは神聖、メモリー、マジック、そして真の自由を経験できる、それらすべてである。」

 

ワークショップでは、マスター調香師のシレーノ・ケローニは、香水の歴史、オリジナルの香水について、フレグランスのブレンドの仕方などを講義します。21にもなる構成内容を学ぶことができ、特にこのイベント用に特別にデザインされた作品を、各参加者は持ち帰ることができます。

 

パフュームワークショップと
ピアノコンサート

 

さらにこのパフュームワークショップは素敵なプロのピアニストの音楽と共に開催され、また特別なブランチも付いて来ます。

 

感覚のディナー 

 

シレーノ・ケローニはまた、フローレンスにある特別な部屋で、料理のレシピ、ワインとその夜のために選ばれた香りのハーモニーと共に楽しんでいただくためのディナーもゲストのためにご用意しています。

また、プロのピアニストの調べがこのディナーを最高のものに仕上げます。参加者はこの会の終わりにはまるで神聖な香りの儀式にでも参加したかのような気分に包まれることでしょう。

 

香りの儀式

 

香りの儀式はシレーノ・ケローニによって生み出されたマジックショーのように感じるかもしれません。この会はシレーノにとってもとても重要なイベントです。なぜなら、香りは人々の心に直接忍び込む、まるでマジカルな生き物のようであるからかもしれません。

View this post on Instagram

Discover our laboratory in #Firenze and our collaboration with master perfumer @SilenoCheloni in Via San Niccolo' in the heart of Florence

SCENT COMPANYさん(@scentcompanyitaly)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

Discover our laboratory in #Firenze and our collaboration with master perfumer @SilenoCheloni in Via San Niccolo' in the heart of Florence

SCENT COMPANYさん(@scentcompanyitaly)がシェアした投稿 -


関連記事


シレーノ・ケローニのオフィスに訪問