· 

リュクスな香りが東京に上陸

Scent Company Olfactory Luxury lands in Tokyo

イタリア・セントカンパニー社の最も得意とする「高級ホテルの香り」が、東京・六本木にあるリッツカールトン東京へと初上陸しました。今日、高級ホテルにおける香りの需要はヨーロッパのみならず、全世界の都市へと広がっています。もちろん東京もその一つ。

– where people truly appreciate beauty and where products are recognized and appreciated for their intrinsicquality.

 

―人々が「美しさ」から喜びを与えられるなら、たとえ「商品」という形になっても、それと同様の質を携えていなければならない。

香りの特徴:グリーンシトラス


「フレグランス(香り)」は日々の生活において欠くことのできない要素です。一般消費者のみならず、今や企業においても自分たちを表現するツール、つまり、ブランドアイデンティティとして「香り」を導入しています。

The perfume of an environment as well as a personal perfume both express something unique:

 

空間芳香はパーソナルな香りと同様、その香りの個性を表現する:

感情・メモリー・思考。 

 

Emotions, memories, thoughts.

嗅覚で感じた記憶は決して修正することのできない心の匂いの記憶です。感情や記憶に結びつき、人やモノ、場所に伝わっていきます。

 

この度、セントカンパニー社はリッツカ―ルトン東京のための香りを開発いたしました。多くの皆さんがご存知のようにイタリアは世界でもトップクラスの“クリエイティビィティの宝庫”です。その伝統を今回、日本の皆様にお伝えできるのは大変光栄です。

GREEN CITRUS グリーンシトラス


今回の香りは厳選されたグリーンレモン、ベルガモット、タイム、ユーカリの香りをトップノート(最初に感じる匂い)として使用しています。この香り気分を明るく、元気にします。そのあとに来るジャスミン、ヴァイオレット、ラベンダーの香りは不安や緊張を抑え、落ち着いたムードに。そして最後にやってくるホワイトムスク、エリオトロープ、シダーウッドはその香りの個性を付け足します。きっと、心が落ち着きその場にもう少しとどまっていたい気分になるでしょう。

「グリーンシトラス」の香りはあなたをイタリア・カラブリアのベルガモット畑、そして古代シシリーのレモングローブの畑へとを導き、最後に白い小さなジャスミン畑へとたどり着きます。それはまるで、最も輝かしい香りの星降るロマンチックな夏の夜に花の小道を歩いてるよう。。。

クリスタル・バンブー&ローズぺタル


ホテルの香りのロゴをさらに各フロアのセクションに広げることができたのは我々、セントカンパニーにとって大変光栄です。

 

46階にあるスパには「クリスタル・バンブー」の香りが。。その名の通り、透き通るような竹の清々しい香りがスパの扉を開けると香ってきます。

 

「ローズ・ぺタル」、それはバラの花びらという意味。素敵なブライドを迎えるための花。今日、ローズ畑から摘んできたかのようなフレッシュなローズの香りがあたり一面を覆います。それはもちろん花嫁のために。

ハイテク・ディフューザー


セントカンパニーの香りのディフューザーは独自のコンピューティングシステムを使用しています。その時々の空間に最適な香りをリモートで(PCやスマートフォン)でコントロールすることができる画期的な装置です。

セント・コレクション


ブランディングで使っているホテルの香りをゲストの自宅にも。この素敵な香りをゲスト向けにリードディフューザー、ルームスプレー、キャンドルなど様々なオリジナルの香りのギフトとして製作することが可能です。

香りの持つパワー


「嗅覚」は私たち人間が持つ、一番強い感覚であることをご存知でしたか?

テイラーメイドの香りは人間の感情を呼び起こすパワー、また、あなたのお客様とブランドを強固につなぐ能力を持っています。

「香り」の持つ心理的効果は“成功への秘訣”として知られています。とりわけ、私たちのマインドを惹きつける能力を香りは持っているのです。それは無意識のうちにあなたの“ブランドの香り”としてゲストの記憶の奥底に見えないパワーとして浸透していきます。最終的には視覚や聴覚など他の感覚と融合し、さらに隠された言葉として人々に伝わっていくことでしょう。

リッツ・カールトン東京

東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン

WEBサイト