· 

アルマーニ・カーサ“香りのロゴ”:黄金の雲とプレシャスな森の香り

セントカンパニーでは、“香りブランディングプロジェクト”を通して世界中に香りをお届けする旅を続けています。最近ではアメリカ・マイアミのデザイン地区アルマーニ・カーサ店で、香りブランディングプロジェクトを実施いたしました。

 

我々は、「香り」は人間の行動において重要な役割を担うことを認識しています。そのため、空間の香りをデザインすることは、店舗のデザインと同じほど重要だと考えています。香りは人々の気分に影響を与え、感性を刺激し、次の行動へと結びつけます。アルマーニ独特の“香りのロゴ”が、ブランドアイデンティティとなり、アルマーニの世界観をダイレクトに顧客に伝えることができるのです。

 

アルマーニ・カーサの香りは、スパイシーでウッディーなディープ・アコースティックなノートに、ハイチのベチバーやフランスのアンジェリカシードのような特別な成分が入ることで、まるでオリエンタルな香りに謎の夜の海の香りが合いまった不思議な力を漂わせそうな香りです。「黄金の雲とプレシャスな森の香り」が漂うところに、イタリアで最も有名なブランドと出会えるでしょう。

*ノートとは香りが持続する時間のこと

 

 

アルマーニ・カーサの香りは、今までにあまり嗅いだことのないニッチな香りとニューラグジュアリーな香りが合わさった香りとでも言えるでしょう。

我々が指す“贅沢”(ラグジュアリー)とは決して高価なものという意味ではありません。今日では“香り”は、品質、独創性、希少性などの要素も含めて捉えられたりしています。これらは伝統的な手法と絶え間ない努力、そしてなにより、“情熱”を持って初めて得られるものなのです。

 

ブランドの“香りのロゴ”の選択は、全ての高級ブランドが意識しなくてはいけない重要なステップであり鍵でもあります。顧客やゲストの記憶に余韻として残るような香り、ブランドの個性にぴったりと合う“香りのロゴ”を私達は生み出すことができます。

壮大なアルマーニ・カーサの香りを体験してみたくはありませんか?

 

アルマーニ・カーサの店に足を一歩踏み入れるだけで、他では嗅いだことのない香りの旅をお楽しみいただくことができることでしょう。